損切りは忘れず行なっておきたい

FXトレードをしていく中で、損切りは忘れず行なっておきたいという取引ルールを自分自身に課すことが重要です。

損切りは忘れず行なっておきたい

FX初心者にとって最も難しいと言われるのが、損切りです。FXにおいて資金を減らさないためにも、自分の予想と違った方向へ相場が動いた際には損切りを行うのが大切なのですが、初心者であればあるほどいつまでも我慢して持ち続けてしまうものです。

 

それではせっかくの大相場を目にしても資金が足りなくて参戦できないといったことになってしまうので、機会損失を減らすためにも、一定以上逆に動いたら損切りをするといったルールを徹底するようにしてください。

 

といっても自分が寝ている深夜などにそうした損失を抱えても対応できませんから、ポジションを持つ注文を出すと同時に、損切りの注文を入れておくとよいでしょう。自分の口座に入っている証拠金と相談し、許せる損失を計算します。それを基に、損切りの注文を入れればいいのです。

 

また現在のFX会社のツールのほとんどが、OCO注文といったものを出すことができます。これをデフォルトとして設定しておけば、注文の際に必ず損切り注文も出せるようになります。ぜひ有効に活用してください。

 

なお、損失として許せる金額は、証拠金の5%程度と言われています。これ以上の損失は勝ち続けて取り戻すのも大変ですし、資金が少なくなってポジションを思うように持つことも難しくなります。自分の口座の証拠金を確認しながら、5%以下の損失に抑えられるよう損切りを必ず設定するようにしてください。

 



>> 最新のFX人気ランキングをすべて見る