円高と円安のことを理解する

FXトレードをしていく中で、円高と円安のことを理解するという取引ルールを自分自身に課すことが重要です。

円高と円安のことを理解する

FXを始める前に、まずは為替相場の変動から理解しなくてはいけません。為替相場の変動は、FXをしていく上では最も基本的なことですので、円高や円安の概念が理解できなければ取引で利益を上げるなどというのは不可能になってしまいます。

 

円高や円安の意味とは一体何でしょうか。

円高とは、円の価値が高いこと、略して円高です。
円安とは、円の価値が安いこと、略して円安です。

こう見ますと実に簡単な定義だと思われるのですが、円高と円安の本来の概念を上手く理解できていない方というのは本当に多いのです。

 

例えば、100円が90円になったとき、為替市場ではこれを円高と言います。
見かけ上はマイナス10円になっているはずなのに、なぜ円の価値が高くなったと言えるのかがわからなくなってしまうわけです。
しかし、こうした誤解は外国との通貨との関係で簡単に説明できてしまいます。

 

円とドルの二つの通貨を考えてみます。

1ドル100円だったものが、1ドル90円になったとします。

この場合、1ドル買うのに100円も支払わなくてはいけなかったものが、1ドル買うのに90円で済むようになったわけです。

 

つまり、実質10円分は手元に残って利益になっているわけです。ですから、円はドルと比べて価値が高まった、円高になったと見なされるのです。

 

このように、FXというのは常に相手となる通貨との関係で相場が動くのであって、円高も円安も特定通貨との関係でしかありません。

 

FX初心者の方は、まずこうした特殊な通貨の相場の決め方から理解するようにしてください。

 



>> 最新のFX人気ランキングをすべて見る