トレード記録は面倒でも残す

FXトレードをしていく中で、トレード記録は面倒でも残すという取引ルールを自分自身に課すことが重要です。

トレード記録は面倒でも残す

FXのトレードを長期間にわたり続けていきたいと考えるなら、トレードの記録をキッチリと残していくことが重要となっていきます。

 

勝った!負けた!で終わるのも結構ですが、自分がなぜ負けたのかという理由を知ることは、成長するためには必ず知っておかねばならないからです。

 

また、勝った場合もしかりです。

 

ひょっとしたらもっと利益を伸ばせたかもしれないし、逆に決済を引っ張りすぎたがゆえに利益を減らしてしまっている可能性もあるからです。

 

これは、常勝トレーダーほどきっちりとやっています。トレードした通貨、時間帯、その時のニュース、またその時の心境などを簡単でいいのでメモに残しておき、あとから反省するという作業をしているのです。

 

ついつい、その場その場で終わらせたくなるとは思うのですが、この面倒な作業があとから財産になります。

 

私はチャートも印刷して残すようにしています。どんどん紙が増えてきて、保管が大変になりますが、その時のメモ書きと一緒に今でも残しています。

 

思い出すだけでも胸が苦しくなるような記録も残っていますが、それがあったからこそ今があると思っています。

 

これはとある専業トレーダーの方がやっているのを見て、真似をしたのですが、人がやっていてよさそうだと思ったことはどんどん取り入れるようにしています。

 



>> 最新のFX人気ランキングをすべて見る