何回取引しても負けるときは無理をするな!

FXトレードをしていく中で、負けトレードが続いたら無理は禁物という取引ルールを自分自身に課すことが重要です。

負けトレードが続いたら無理は禁物

FXでトレードしていると、必ずスランプというものを経験する時がやってきます。

 

それまでずっと順調に利益をだしていたのに、なぜか何をやっても勝てなくなるのです。そうなると、ついつい熱くなり、1回のトレードで損失を取り戻そうと、ポジションの数を増やしてしまったり、やったことのない通貨に手を出してしまうなど、おかしな行動に走ってしまいます。

 

実は、これは私のことなのですが、結局はこれでドンドン泥沼にはまっていく結果となったのです。本当に不思議なもので、このスランプに入ると、なぜか自分がポジションを持った途端に値動きが反転したりします。どこかで誰かが監視しているのか?なんて真剣に思ったこともありますが、全部気のせいです。

 

そんな経験を経て、今はスランプになったらトレードはしないと決めています。チャートを見ているとついついトレードしたくなるので、完全にパソコンの電源は落とします。

 

性格にもよるでしょうが、別にここまでしなくても、保有するポジションの数を減らすだけでもいいと思いますが、いずれにせよ無理は禁物ということです。

 

今の相場にこだわらなくても、この先もずっと動くのですから、自分が波に乗れる時まで様子を見ることが大切です。

 



>> 最新のFX人気ランキングをすべて見る